投資法律
投資手順
税収詳細
政策法律
ビジネスコスト
 
ホーム > 投資マニュアル
 
投資法律

 

  天津開発区は全国で外資審査、批准手続きと工商登録を統合的に管理する唯一の政府機構です。言い換えれば、中央政府が天津市(省市級)に授与した外資審査批准権限の内、開発区管理委員会は独自で外資プロジェクトを審査、批准することができます。(管理委員会の経済発展局は委員会の内部業務部門でもあり、また工商行政管理局です。)

 

  国家推奨プロジェクト、及び総合的に国が調整する必要のない事案、業種であれば、天津市は1億ドル以下のプロジェクトを独自審査することができます。業界審査を受けるべき業界であれば、事前に天津市或いは業界主管部門の同意を受けなければなりません。

 

1、外商独資企業

以下は天津経済技術開発区における外国独資企業が批准証書を申請し、企業登録をする場合、必要となる関連書類のリストである。参考してください。
1. 企業名初回審査通知書
2. 授権委託書
3. 外国投資企業設立登録申請書(正本一式2部)
4. 天津市外国投資プロジェクト批准申請書
5. プロジェクト申請報告書(中に参考用綱要があり、投資側の法定代表者、または授権委託書を所持する代理人がサインする必要がある。)
6. 企業定款(投資側の法定代表者、または授権委託書を所持する代理人がサインする必要がある。)
7. 董事会メンバー・リスト
8. 法定代表者及び董事会メンバー委任書(法定代表者及び董事会メンバーの有効なパスポート、または身分証明書コピーを添付する必要がある)
董事会は設立しない場合、法定代表者の委任書を提出する。(法定代表者の有効なパスポート、または身分証明書コピーを添付する必要がある)
9. 投資者の合法的開業証明(法定代表者の証明書(正本)、またはその身分証明書のコピーを添付する必要があり、台湾商人の場合、台湾同胞証明書のコピーを提示する必要がある。)
10. 投資者の口座開設銀行発行の資金信用証明
11. 環境保護部門の審査意見
12. 企業立地定着の証明。または工場の賃借契約(貸出側の物件所有権証明、営業許可証及び法定代表者の身分証明書コピー)
13. 営業許可証申請前、審査必要となる業界の関連書類/証明書

備考:
1. 申請書は黒色或は青色インクのサイン・ペンーで、文字を見え易く、丁寧に記入する必要がある。
2. 以上の書類はコピーの提示が要請される書類を除き、ほかは正本を提示する必要がある。全ての書類は一式2部で、一部は正本、一部はコピーで手配する必要がある。
3. 提示書類は外国語で作成する場合、企業印鑑付きの中国語訳文も提示する必要がある。
4. 全ての書類はA4用紙で作成してください。

2、中外合弁経営企業


2 中外合弁/合作企業による批准証書の申請及び企業登録用書類リスト

以下は天津経済技術開発区における中外合弁・合作企業が批准証書を申請する場合、必要となる登録関連書類のリストです。参考にしてください。
1. 企業名初回審査通知書
2. 授権委託書
3. 外国投資企業設立登録申請書(正本一式2部)
4. 天津市外国投資プロジェクト批准申請書
5. プロジェクト申請報告書(中に参考用綱要があり、投資側の法定代表者、または授権委託書を所持する代理人がサインする必要があります。)
6. 契約及び添付書類(投資側の法定代表者、または授権委託書を所持する代理人がサインする必要があります。)
7. 企業定款(投資側の法定代表者、または授権委託書を所持する代理人がサインする必要があります。)
8. 董事会メンバー・リスト
9. 法定代表者及び董事会メンバー委任書(法定代表者及び董事会メンバーの有効なパスポート、または身分証明書コピーを添付する必要があります)
10. 投資者の合法的開業証明(法定代表者の証明書(正本)、またはその身分証明書のコピーを添付する必要があります。)
中国側:企業印鑑付きの営業許可証コピー
外国側:所在国(地域)の合法的開業証明書のコピー、外国投資者が一般人である場合、身分証明書のコピーを提示、台湾商人の場合、台湾同胞証明書のコピーを提示する必要があります。
11. 資金信用証明
中国側:企業審査報告
外国側:投資者の口座開設銀行発行の資金信用証明
外国投資企業は再投資の場合、以下の書類を提示する必要があります。
1. 外国投資企業による投資合意の董事会の議決
2. 法定的資金審査機構発行の登録資本送金済みの資金審査報告書
3. 審査済みの外国投資企業の試算表・貸借対照表
4. 外国投資企業の所得税納付、または所得税減免の証明書類
5. 外国投資企業の批准証明書及び営業許可証のコピー
外国投資企業は中国で獲得した利潤を利用し、再投資する場合、その利潤を外国へ送金していない証明書類を提示する必要があります。
12. 環境保護部門の審査意見
13. 企業立地定着の証明。または工場の賃借契約(貸出側の物件所有権証明、営業許可証及び法定代表者の身分証明書コピー)
14. 営業許可書取得前の行政許可のその他書類、証明書

備考:
1. 申請書は黒色或は青色インクのサインペンで、文字をはっきり、丁寧に記入する必要があります。
2. 上記の書類はコピーの提示要請がされる書類を除き、原本を提示する必要があります。全ての書類は一式2部で、一部は原本、一部はコピーで提示する必要があります。
3. 提示書類を外国語で作成する場合、企業印鑑付きの中国語訳文も提示する必要があります。
4. 全ての書類はA4用紙にて作成してください。


Copyright © Tianjin Economic - Technological Development Area
Nedstat Basic - Free web site statistics  Technology Support: Devott