home
 
三分間で泰達がわかる

視聴環境について

  • 番組をご覧になるには、 Windows Media 9 が必要となります。
  • ご利用の環境によってはコマ落ちしたり切断される場合がございますのでご了承ください。
  • 会社・学校等からご覧のお客様は、ファイアウォールの関係上ご覧頂けない場合があります。

天津経済技術開発区(Tianjin Economic-Technological Development Area、音訳は「泰達)、以下「天津開発区)と略)は、1984年12月6日、国務院の認可を経て設置された、中国最初の国家クラス開発区の一つです。

1997年以来、商務部(元対外経済貿易合作部)が総合的経済力、インフラ整備能力、経営コスト、人的資源及び供給、社会環境、技術革新環境の6方面から国家クラス開発区に対して評価した結果、天津開発区は10年連続して全国トップにランクされ、中国だけでなくアジアにおいても最も魅力的な投資区域であり、中国において評価されている工業パークです。

2006年、天津濱海新区の開発と開放を進めることは国家の「十一・五」の発展計画に組み込まれ、濱海新区は深センと上海浦東に継ぎ、中国の経済のテークオフを動かす「中国第三の波」となりました。天津開発区は天津濱海新区の核として、天津濱海新区の総合的改革試験の先行試験区域、中国北方対外開放の窓口、高い水準の近代的な制造業と研究開発転化基地、住みやすい環境都市の建設に努力しなければならないし;先進的な経済要素、経済実体を受け入れて、更に多い精神と物質財産の創造を促進し、豊富な資源、活力のあふれて、調和がとれた中国の新経済のプラットフォームに発展させるように努力するべきです

 
Copyright © Tianjin Economic - Technological Development Area
Nedstat Basic - Free web site statistics